移住の薦め、小屋作り、農業


上記のキーワードからヘンリー・デイヴィット・ソローを思い出す人も多いと思います。

ヘンリー・デイヴィット・ソローは、ウォールデンの森のことを、「森の生活」で書いています。

貨幣価値が違いますが、小屋作りや、農業の原価をつまびらかに明かしています。

ソローは、韻を踏んだ独特の文章なので、訳しにくく、うまく理解ができない部分が多い。

英文やいろんな訳文を、並列で並べてみると、ようやく、いてくことが分かります。

ソローにとって、一時期ウォールデンの森で生活したことは、大きな転機になったと思います。

人生の中で、家やものづくりを行い。農業も行うことは、大変意義があります。

わたしも、東京での生活から、山小屋作り、そして、高山での移住を行い。木工と漆。

養鶏と農業を体験しました。

そこで人生が変わりました。是非とも、体験をおすすめします。

現在、「地方創生」で、移住が話題になり、移住をテーマーとした多くの本が出ています。

都会生活者の中には移住を考える人が、徐々に増大していると思います。

移住を考える人で、「木工を学びたい」「農業を学びたい」と考える人は、かなり多くいると思います。

注意しなくては、いけないことは正しい知識を、順番に、きちんと教わる方法を選ぶことです。それが、「貸し工房付きシェアーハウス」にあります。養鶏と農業を学ぶこともできます。

このHPの「貸し工房付きシェアーハウス」案内を読んでください。

特集記事
最新記事
アーカイブ

森の自然学校


〒506-0101 岐阜県高山市清見町牧ケ洞1051-5
FAX:0577-68-2891

Copyright (C) 2016 , 森の自然学校. All right reserved